エリア:丹後 / 宮津市

元伊勢籠神社「葵祭」

Loadingマイページに追加
開催日:2016年04月24日 終了しました

お伊勢さまのふるさと、丹後一宮・元伊勢籠神社(もといせこのじんじゃ)では例年4月24日に「葵祭(あおいまつり)」が行われます。北近畿、京都府北部丹後では最古の祭礼と言われ、2,500年余という長い歴史があります。

この「葵祭」は、籠神社ともゆかりの深い、京都・賀茂社の「葵祭」と同様の名で、京都の賀茂社では祭員が「葵の葉」を付けるのに対し、籠神社では冠に豊受大神様ゆかりの「藤の花」を挿すのが古例となっています。

祭礼は、宮司の祝詞奉上で始まり、御祭神の御霊をお遷しした「神幸祭」の儀、そして、供奉者による神輿の行列が地域を一巡する「御神幸」を行います。

その道中や祭礼の前後に繰り広げられる「太刀振り(たちふり)」や「神楽」の芸能の数々が大きな見どころ!

中でも、太刀を自在に操る「太刀振り」は、平安時代から始まったと伝わり「京都府無形文化財」にも指定されている由緒ある奉納神事。神の御生れを祝福すると共に神賑わいを盛り上げます。

アクセス:丹鉄「天橋立」駅より徒歩6分の天橋立桟橋→遊覧船で12分、一の宮桟橋下船、徒歩2分

開催場所元伊勢籠神社/京都府宮津市大垣430
問い合わせ先0772-27-0006(元伊勢籠神社)

お立ち寄り案内

周辺スポット周辺スポット
周辺のお宿周辺のお宿