エリア:与謝野町

第26回国民文化祭・京都2011「与謝蕪村顕彰 俳句大会」

開催日:2011年10月29日〜2011年10月31日 終了しました

与謝蕪村の母のふるさとと伝えられ、蕪村が名句「夏河を越すうれしさよ手に草履」を詠んだ地、丹後・与謝野町。秀峰・大江山連峰や野田川が流れ、大内峠からの日本三景・天橋立の眺望など、句材としての豊かな自然にあふれる与謝野町より、全国及び海外から俳句を募集し、俳句文化の振興発展と交流の輪を広げるとともに、俳句愛好者の語らいと学びの場とします。
29日13:30〜16:00吟行、30日9:00〜15:30俳句大会
電車:京都丹後鉄道与謝野駅下車、タクシーで10分

お立ち寄り案内

周辺のお宿周辺のお宿