エリア:丹後 / 宮津市  カテゴリ:歴史・文化

今福の蛇綱

Loadingマイページに追加
開催日:2018年01月19日

毎年1月19日の午前中、ホラ貝の音を合図に、地元の有志が約50kgの藁で編んだ全長約5メートルの大蛇を
担いで家々をまわり、編んだ蛇にかまれると無病息災で1年を過ごせるという伝統行事。
今福の蛇綱は、江戸時代に流行した疫病を鎮めるために始まったといわれています。
戦後は途絶えていましたが、昭和50年に地域の高齢者でつくる今福福寿会により復活しました。
冬の天橋立やカニ・ブリを楽しむかたわら、迫力ある伝統行事をぜひご覧ください。

時間:午前中

アクセス:京都丹後鉄道、宮豊線「喜多」駅下車、徒歩約10分

開催場所京都府宮津市今福地区一帯
※スタートは今福公民館
問い合わせ先0772-22-8030

お立ち寄り案内

周辺スポット周辺スポット
周辺のお宿周辺のお宿