エリア:養父市

若杉ざんざか踊

開催日:2013年08月16日 終了しました

大和十津川の住人が大屋町に流れ着き、村で流行していた大難の病気を平癒するため、氏神様に踊りを奉納したことから始まったと伝えられている。色鮮やかな装束と花笠を身に着けた踊り手が、太鼓の音色に合わせて、古式ゆかしくあでやかな舞を披露します。太鼓を叩きながら座って踊る「座り踊り」は独特で、別名「姫踊り」と呼ばれるほど優雅な踊りです。 (県指定無形民俗文化財)
電車:JR八鹿駅からバスで90分

お立ち寄り案内