エリア:丹波市  カテゴリ:寺院

興禅寺(黒井城下館跡)
(こうぜんじ)

Loadingマイページに追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

●春日局が生まれ育った黒井城の下館
戦国時代の城下町の中心地だった黒井地区にある「興禅寺」。背後には山全体が巨大な要塞だった黒井城跡があり、ともに国の史跡に指定されています。戦国時代の城主は、戦いのない平時は山すその下館に住んでおり、その館跡が興禅寺で、満々と水をたたえた七軒濠、野面積みの高い石垣、白壁などが当時の様子をよく伝えています。

興禅寺はまた、徳川家光の乳母として知られる「春日局(かすがのつぼね)」が生まれた地としても有名。「お福さま」と呼ばれていたのちの春日局は、3歳までの幼少時代をここで過ごしており、「お福の産湯井戸」や「お福の腰掛け石」などが残っています。

住所〒669-4141 兵庫県丹波市春日町黒井2263
料金拝観無料
交通手段●電車:JR福知山線黒井駅から徒歩15分
●車:中国自動車道(吉川JCT)→舞鶴若狭自動車道(春日IC)→R175へ
関連サイト丹波市観光協会ホームページ
地図

お立ち寄り案内

周辺スポット周辺スポット