エリア:丹後  カテゴリ:特産

松葉がに
(まつばがに)


●港から直行の活きのよさが自慢のカニづくし料理
日本海に強い季節風が吹き荒れる頃、カニ類の中でも最もおいしいとされる松葉ガニが解禁になります。山陰地方で獲れるオスのズワイガニを総称して「松葉ガニ」と呼んでいます。漁期は11月初旬〜3月20日頃。長く伸びた脚に、ぎっしりとつまった身、とろけるような極上の甘みはさすが冬の味覚の王様です。

また、松葉ガニのメスを丹後では「コッペガニ」と呼びますが、このおいしさも見逃せません。オスである松葉ガニと比べると、かなり小ぶりですが、腹に平均10万粒の卵を抱え、甲羅の中に内子と呼ばれる赤色の卵巣を持ち、独特のうまみがあります。うまいカニの食べ方を知りつくした地元のカニ料理は、さすがひと味違います。

*丹後(京都府北部)のブランドガニ

●「舞鶴かに」(京都府舞鶴市)
京都府舞鶴市で水揚げされる松葉ガには「舞鶴かに」と呼ばれ、その量は京都府内市を誇ります。舞鶴かには肉厚でぎっしりとした身のつまりが特徴です。

●「間人(たいざ)かに」(京都府京丹後市)
京都府京丹後市丹後町の間人港で水揚げされる「間人かに」は、水揚げ量が少ないために「幻のかに」と呼ばれています。日帰り漁のため、鮮度は抜群です。

(問)丹後のカニのお問い合わせ
・舞鶴観光協会 0773-66-1024
・天橋立観光協会 0772-22-8030
・京丹後市観光協会 0772-62-6300

お立ち寄り案内

周辺のお宿周辺のお宿