丹波篠山黒豆

10月から約2週間が枝豆として、年末から1月にかけてが黒豆として食べ頃を迎える一粒で2度おいしい丹波の特産・黒大豆(黒枝豆)。粒が大きく甘みも強いことで有名で、収穫体験も人気。
*兵庫県丹波市、篠山市
→関連ホームページへ

丹波栗

丹波の秋の味覚の代表!昼夜の温度差が大きい盆地特有の気候から、実が閉まった甘い栗が育つ。ほっくりとした口触り飽きのこない甘さが自慢。
*兵庫県丹波市、篠山市
→関連ホームページへ

丹波大納言小豆

丹波で古くから栽培されていているブランド小豆。大粒で栄養値が高いと評判だ。和菓子には欠かせない逸品!
*兵庫県丹波市、篠山市
→関連ホームページへ

山の芋

ごつごつとした外見とは対照的に、すりおろすと純白できめ細やかな粘り気が特徴的な山の芋。山かけ、とろろ汁、とろろご飯に最適。
*兵庫県丹波市、篠山市
→関連ホームページへ

寿司

丹後ばらずし
まつぶたと呼ばれる浅い木箱に寿し飯を敷いて、甘辛く煮付けたサバのおぼろ、錦糸玉子、紅しょうが、かまぼこ、椎茸などを彩りよく散らした丹後の郷土料理。丹後地方のお食事処や宿泊施設などで食べられる。
*京都府京丹後市、宮津市、与謝野町
→関連ホームページへ

若狭たかはま鮨
1,300年前の最古の木簡が発見され、すし発祥の地といわれる、高浜町。高浜町の各家庭では、冠婚葬祭でちらし鮨を作るのが定番になっている。
*福井県高浜町
→関連ホームページへ


そば

出石皿そば
城下町・出石の名物そばは、ひきたて・打ちたて・ゆがきたて三たて。白い出石焼きの小皿に盛り分ける独特の「皿そば」スタイルは江戸末期からはじまったと言われ、5皿が1人前で、ネギ、ワサビ、卵、山芋、のり、おろしだいこんなど、好みの薬味を混ぜ合わせて食べる。
*兵庫県豊岡市出石町
[問]但馬國出石観光協会 0796-52-4806
→関連ホームページへ

赤花そば
赤いそばの花が咲くので「赤花」というともいわれている「赤花そば」。石臼でひいた地元・但東産のそば粉100%、つなぎをいっさい使わず打つ十割そばは、香りが高くそば本来の味が味わえる。
*兵庫県豊岡市但東町赤花159-1
[問]0796-56-0081
→関連ホームページへ

高中そば
地元のおばちゃんがもてなしてくれるそば処「高中そば」。お客さんの顔を見てから手際よくおばちゃんが打つそばは、そば粉と山芋だけで打つ素朴な味。コシがあり、しっかりとした歯ごたえが楽しめる。
*兵庫県養父市奥米地604-2
[問]079-665-0364
→関連ホームページへ

鬼ヶそば
つなぎを入れずにそば粉100%で作られる鬼ヶそばは、しっかりそばの風味を感じられると人気。モチノキの大木を輪切りにした、めずらしい囲炉裏があり、それを囲んで、炭火焼も楽しめめる。アマゴ、野菜、お餅、鶏の胸部分の小さな骨付き肉・マツバは特におすすめ。
*京都府福知山市大江町尾藤ふろん谷
[問]0773-56-0030
→関連ホームページへ