勤勉さと誠実さが光る酒造り「丹波杜氏」と「但馬杜氏」

杜氏とは酒造りの最高責任者のことで、日本を代表する酒どころ「灘五郷」のある兵庫県は「丹波杜氏」、「但馬杜氏」の郷であり、南部杜氏(岩手県)、越後杜氏(新潟県)と並んで『日本四大杜氏』といわれています。
酒造りは杜氏・蔵人(くらびと)のグループが、新米の刈り入れの終わる10月頃から、翌年の春まで杜氏の指導の元で作業を行います。「一蔵一杜氏」とされており、杜氏の数だけ酒の種類があるといわれています。
昔、丹波や但馬では、特に雪深い地方の人たちが冬季の働き場所を求め、出稼ぎとして、全国各地に酒造りに出かけていました。丹波杜氏は灘の銘酒を作り上げただけでなく、全国に指導に出かけ、地方の酒の原形を作ったともいわれています。
丹波・但馬の人は、慎重で誠実、質素にも耐えて思いやりがあり、粘り強い精神力があるのが特徴で、長年の知識と技術の蓄積が今日の両杜氏を生みだしたと言えるでしょう。
300年の長い歴史と伝統に育まれた匠の技が生み出す日本酒。昔ながらの酒造りで、変わらぬ伝統の味を私たちに届けてくれています。

豊岡市養父市香美町新温泉町朝来市

豊岡市

楽々鶴/出石酒造(有)
*兵庫県豊岡市出石町魚屋114-1
宝永5年(1708)創業の蔵元。店内では、お酒の原料となるお米を蒸すために使用されていた大きな釜や140数年の歴史が残る昔ながらの家屋を見ることができます。
→関連ホームページへ

出石酒造

養父市

稜線/銀海酒造(有)
*兵庫県養父市関宮756-5
兵庫の屋根・氷ノ山のふもとにある小さな酒蔵で、手造りの酒造りを守り続けています。オススメはキリリと辛口の中にも複雑な奥行きがある純米吟醸酒「稜線」。
→関連ホームページへ

夫婦杉/八鹿酒造(有)
*兵庫県養父市八鹿町九鹿461-1

銀海酒造

香美町

香住鶴/香住鶴(株)
*兵庫県美方郡香住町香住区小原600-2
享保10年(1725)創業。矢田川の伏流水を使ったこだわりの地酒を製造・販売している蔵元。併設の直売所「福智屋」には、オリジナルの菓子付お茶セットやお酒の試飲ができるラウンジもあります。
→関連ホームページへ

香住鶴

新温泉町

文太郎/(株)文太郎
*兵庫県美方郡新温泉町用土245
地元出身の登山家「加藤文太郎」に由来する社名の2019年にできた小さな酒蔵。2名の但馬杜氏が醸すこだわりの「孤高」、地元米と伝統的な造りで醸す「いで湯美人」など。
→関連ホームページへ

文太郎

朝来市

竹泉/田治米合名会社
*兵庫県朝来市山東町矢名瀬町545
元禄15年(1702)創業。銘酒「竹泉(ちくせん)」で有名な老舗酒蔵。明治・大正・昭和、それぞれ時代の酒蔵を増築し使用しています。
→関連ホームページへ

但馬/此の友酒造(株)
*兵庫県朝来市山東町矢名瀬町508
元禄3年(1690)創業。明治時代から続く歴史ある鑑評会で、「大吟醸 但馬」が6年連続(北近畿唯一)金賞を受賞しています。
→関連ホームページへ

田治米合名会社

此の友酒造