エリア:宮津市 / 丹後

天海の都「天橋立」は、この秋、光とアートに包まれます

更新日:2020年10月13日

10月16日(金)から、光のアトリエ Second Periodが始まります。
天海の都「天橋立」は、この秋、光とアートに包まれます。

天橋立で行われる、3つの光のアートを紹介します。

オーディオビジュアルアート[ data-verse 1 ]
10月16日(金) 〜 11月3日(火・祝) 18:30〜22:00
※金•土•日•祝日のみ公開〈11月2日(月)は臨時公開〉
場所:天橋立公園内、入場無料

作曲家兼ビジュアルアーティストである池田亮司が、「現実と空想のはざまで」のテーマの下、光や映像、サウンドを用いたデジタルアートによる幻想的な世界に演出します。

インスタレーションアート[ Double Horizon ]
10月16日(金) 〜 11月23日(月・祝) 18:00〜21:00
※金•土•日•祝日のみ公開〈11月2日(月)は臨時公開〉
場所:元伊勢籠神社 入場無料

インタラクティブアートディレクター / 作家、齋藤達也が、インスタレーション作品を天橋立の聖地、元伊勢籠神社参道で展示します。海の水面あるいは、流れていく雲のようにも見える、プロジェクションと霧の装置によって立体的に表現された空間を身体的に体験してみてください。

雪舟 天橋立図になぞらえた朱の光
成相寺 紅葉ライトアップ
11月14日(土) ・ 15日(日)  17:20〜21:00
場所:成相寺 入場無料
2020年の成相寺紅葉ライトアップは、昨年から登場した「絶景のモミジ谷」をはじめ、約200本のモミジの演出と五重塔、本殿、山門、鐘楼のカラーライトアップで構成されます。

この他にも、いろんな企画があります。
是非、光のアートを楽しみにお越しください。

詳しくは、「光のアトリエ」をご覧ください。