エリア:舞鶴市  カテゴリ:資料館

舞鶴引揚記念館(ユネスコ世界記憶遺産)
(まいづるひきあげきねんかん)

Loadingマイページに追加

舞鶴引揚記念館は、昭和20年(1945年) 第二次世界大戦が終結し、旧満州(現・中国東北)や朝鮮半島をはじめ南太平洋など多くの国や地域に約660万人もの日本人が残されました。これらの方々を速やかに日本へ帰国させなければならなくなり、“引き揚げ”が開始されました。呉をはじめ順次18港の引揚港が全国につぎつぎと設置され、舞鶴もその役割を担うこととなり、主に旧満州や朝鮮半島、シベリアからの引揚者・復員兵を迎え入れる港となりました。

舞鶴では昭和20年(1945年)10月7日に最初の引揚船“雲仙丸”の入港から昭和33年9月7日の最終引揚船“白山丸”まで国内で唯一13年間にわたり約66万人もの引揚者・復員兵を迎え入れました。

舞鶴引揚記念館は、昭和63年(1988年)4月に舞鶴市民や引き揚げて来られた方々をはじめ、全国の皆様のご支援・ご協力によって開館し、再び繰り返してはならない“引き揚げ”の史実を未来に伝え「平和の尊さ、平和への祈り」のメッセージを発信しております。

平成27年 舞鶴引揚記念館は、ユネスコ世界記憶遺産として登録されました。

代表される所蔵品、白樺日誌は、抑留者が収容所内で白樺の木の皮に綴った日誌で、検閲を逃れ奇跡的に持ち帰ったものです。和歌・俳句約200余首にしたためた記録で、和歌・俳句という表現方法を選んだ理由としては、いつ帰れるとも知れぬ抑留生活を送るなかで移りゆく現地の季節感を実感・意識し、望郷の念とだぶらせて記憶する方法として用いられたのではないかと考えられています。

近くには、復元された「引揚桟橋」もあります。

当館に収蔵されている資料はシベリア抑留や引き揚げに関する資料で、その多くはシベリアの地で労苦をともにしたものです。極寒を耐え、乗り越えてきたコートや帽子、つらい抑留生活を白樺の皮に俳句や和歌で記した「白樺日誌」、抑留者と日本の家族を結んだ俘虜用郵便葉書など多岐にわたる資料は、手記・体験記だけでは見えてこないシベリア抑留を様々な角度からみることができる生きた歴史であり、記憶そのものです。  当館の展示資料を通して、かつて遠いシベリアの地で想像を絶する労苦を経験された先人に思いを馳せ、平和への想いを新たにしていただければと思います。

住所〒625-0133 京都府舞鶴市字平 引揚記念公園内
TEL0773-68-0836
料金大人:300円(20人以上の団体200円)
学生(小学生〜大学生):150円(20人以上の団体100円)
共通券 一般個人:400円・学生個人200:円(引揚記念館・赤れんが博物館に入館可能)
交通手段●電車:JR舞鶴線・東舞鶴駅から京都交通バス・小橋または野原行きで、引揚記念公園前バス停下車、徒歩1分
●車:中国自動車道(吉川JCT)〜舞鶴若狭自動車道(舞鶴東I.C)〜R27へ
営業時間9:00〜17:00(入館は16:30まで)
関連サイト舞鶴観光協会のホームページ
ホームページhttp://m-hikiage-museum.jp/
地図

お立ち寄り案内

周辺スポット周辺スポット