エリア:養父市  カテゴリ:旧跡

明延鉱山探検坑道・一円電車
(あけのべこうざんたんけんこうどう・いちえんでんしゃ)

Loadingマイページに追加

●明延鉱山探検坑道
奈良・東大寺の大仏鋳造の際に、明延産出の銅が使用されたと言い伝えが残る古い鉱山。明治42年に錫鉱が発見されて、「日本一の錫の鉱山」として栄えました。昭和62年に閉山しましたが、探検坑道ではむき出しの岩肌や地面、削岩機など、当時のままの姿を見学することができます。

ガイド付き!    延長約650m。所要時間60分。
気温約12度、夏はひんやりクールスポットにもなっております。
開催日:4月~11月初旬の毎週日曜日
受付時間:午前10時~午後3時
入坑料金:高校生以上1,200円/小・中学生600円

探検坑道は、日曜見学会以外の日でも、事前予約(3日前)をすれば見学できます。
お問合わせ: 養父市立あけのべ自然学校TEL:079-668-0258

●明神電車(一円電車)
昭和20年から昭和60年まで鉱山従業員の通勤電車として、利用されていた明神電車は昭和4年に開通。明延〜神子畑間を運行していました。昭和24年に従業員運搬用に客車もつけるようになり、一般の乗客も運ぶようになりました。昭和27年、1日の乗降数を数えやすくするために乗車料が1円となり、「一円電車」の愛称で親しまれています。2019年10月、1周150メートルの線路が完成しました。
4月~11月の毎月第1日曜日の他にゴールデンウィーク・夏休みの期間に臨時運行日を設けることにより、ご利用いただきやすくなりました。

○運行時間…10:00~15:00
○料金…乗車協力金1円
※荒天の場合は運休となります。
お問合わせ: 養父市立あけのべ自然学校TEL:079-668-0258

住所兵庫県養父市大屋町明延
ホームページhttp://akenobe-nature.com/
地図

お立ち寄り案内

周辺スポット周辺スポット