古くから「元伊勢参り」の中心地として信仰を集めた元伊勢内宮皇大神社は、現在でも多くの参拝者が訪れ、一年の健康や学業成就などを願います。 アクセス:京都丹後鉄道宮福線「大江山口内宮」駅から徒歩約20分 京都縦貫自動車道 舞…

大原神社に参詣することを「大原志」といい、古く俳句の季語としても詠まれ、社記に公家や藩主の安産祈願が記されている。大原の神前を流れる清流のほとりに、古来のお産の風習を伝える「産屋」があります。今でも、安産、万物万業、交通…

丹波篠山に新しい年の始まりを告げる元朝能「翁」は、国内で最も早く、元旦の午前0時20分頃から開かれます。入場料無料。 アクセス:JR福知山線「篠山口」駅からタクシーで約15分 舞鶴若狭自動車道 丹南篠山口ICから東へ約1…

除夜の鐘が鳴り終わると、丹後各地からたくさんの初詣客で賑わう。1811年讃岐の金毘羅大権現の分霊を迎えて建立された。「丹後のこんぴらさん」と呼ばれ、海難救助、男女和合、縁結びの神様として親しまれている。 アクセス:京都丹…

商売繁盛、家内安全等を願う祭礼として1月に行われます。多くの参拝者が吉兆笹、熊手等の縁起物を買い求めに訪れます。甘酒の無料接待や福引も行われます。 時  間: 9日 宵えびす 正午~21:00 10日 本えびす 9:00…

日本三文殊のひとつ智恩寺の十日ゑびすは、江戸時代に始まったと言われており、弘法大師の大黒天の版木から福札を刷り、参拝する人たちに捧げていた。現在は、この福札を細かく折って棒状にした福徳長寿の福棒を福娘たちが授与している。…

昔、災害による土砂の取り除き作業中に大蛇が出て作業を妨げたので退治しようとその大蛇より長い綱を張って防いだことが事の起こり。早朝より綱をつくり、橋に設置。同時に大漁旗も設置。午後2時頃、白いパンツ姿に色とりどりのハチマキ…

天満宮の祭神である菅原道真の命日である25日には各地の天満宮で祭礼が行われており、綾部天満宮でも1月25日は初天神として盛大に祭礼が催されます。多数の参拝者が訪れ、学業成就や家内安全などを祈願します。 時  間:11:0…