エリア:丹波篠山市  カテゴリ:体験 / 城跡

篠山城大書院
(ささやまじょうおおしょいん)

Loadingマイページに追加

篠山城は、慶長14年(1609年)、徳川家康の命令によって築城された天下普請の城です。大坂城にいる豊臣秀頼を警戒した家康が大阪城包囲網の拠点の1つとして築城させました。江戸時代の間、篠山藩5万石の政治・経済・文化の拠点として、その役割を果たしました。(江戸時代後期に6万石に加増)
大書院は、慶長14年(1609年)の篠山城築城とほぼ同時に建てられたと考えられ、篠山藩の公式行事などに使用されました。明治6年(1873年)の廃城令によって篠山城の大半が取り壊されましたが、城建物の中ではただ1つ残される事となりました。しかし、昭和19年(1944年)、火災により焼失してしまいます。その後、篠山市民の熱い願いと尊い寄付によって平成12年(2000年)3月に再建が成り、かつての姿を取り戻すことができました。
篠山城は、国の史跡に指定されている他、財団法人日本城郭協会が選定した「日本100名城」にも選ばれています。
大書院館内では映画やドラマの撮影にも使われたお殿様との謁見の場「上段の間」や市民の時本氏製作の手作り甲冑の着付け体験などをお楽しみいただけます。また、ご希望があれば館内ガイドも承っています。(※事前予約要)

【甲冑着付け体験】
大人用 1,000円
子ども用 500円(身長100~140㎝)

【忍者着付け体験】
大人用 500円
子ども用 500円(100~120㎝)

【内掛け着付け体験】
300円(※同グループで、他の方が甲冑及び忍者着付け体験をされた場合は無料)

着付け体験はいずれも
・10:00~15:00
・予約制(当日予約可) ※都合によりお断りする場合もございます。 
・所要時間 約20分 館内で記念撮影をお楽しみ頂けます。(甲冑を着て、外に出ることはできません)

●篠山城跡の花見
城跡一帯に約900本の桜が咲く花見の名所。本格木造建築の「篠山城跡大書院」が見え隠れして趣深い。
◆見ごろ=4月上旬〜中旬。

住所〒669-2332 兵庫県丹波篠山市北新町2-3(史跡篠山城跡二の丸内)
TEL079-552-4500
料金入館料
大人400(300)円、大高200(150)円、中小100(50)円
※( )は団体料金、30人以上の場合

4館共通券
大人600円、大高300円、小中150円
※歴史美術館が特別展期間中は料金が異なる場合があります。
交通手段●電車:JR福知山線「篠山口駅」から神姫グリーンバス篠山営業所行「二階町」バス停下車 徒歩5分
●車:舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口I.C.」より東へ約10分
営業時間9:00〜17:00(受付は16:30まで)
休日毎週月曜日(祝祭日は開館、翌日休館) * 年末年始(12月25日~翌年1月1日)
ホームページhttp://www.withsasayama.jp/REKIBUN/osyoin_top.htm
地図

お立ち寄り案内

周辺スポット周辺スポット
周辺のお宿周辺のお宿